歯科の設備

歯科に多くの人が通うのは虫歯の治療や歯が折れたり欠けてしまったときの治療のためであり、そのための場所と考えられがちです。しかし、実際には歯科の取り扱っている仕事の幅は広く、歯列矯正やクリーニング、ホワイトニング、歯周病予防や治療など歯や口腔内をより健康的なものにしたり、治療を行ったり、予防を行ったりする場所としても利用できる場所です。そういった認識が時代の変遷とともに高まってきており、虫歯の治療の場所と考えられがちな歯科医院だけでなく、審美歯科や予防歯科を専門とする医院も設立される傾向が生まれてきています。また、虫歯治療や歯石除去などのニーズの高まりにより、歯科医院が飛躍的に増加してきています。

仕事に出ている人にとって一般的な医者の診療時間ではなかなか通うことができないということもあり、通常の企業の就業時間後や土日に営業をすることでニッチを埋める歯科が増えてきています。これはニーズが高まったことにより、開業医となった医師が多いものの、あまりに数が増えてしまったために顧客の獲得競争が激しくなっているためです。 よりよいサービスの提供と宣伝競争とが今後は繰り広げられていくことが予想されます。その一方で、予防や美容に対する意識の高まりから、予防歯科や審美歯科のニーズは今後も高まる方向で生き残っていくでしょう。これらの場合にはしばしば保険適用外の施術も施されるため、技術競争や価格競争が激しくなっていくと予想されます。