笑顔の医者と患者
根管治療を利用
女性の歯科医

私たちが食事をする際に必要になる歯は、常に健康な歯を保つ必要があります。また、虫歯になってしまった場合痛みを伴うことがあり、悪化した場合は神経を取り除くため根管治療が行われています。

ホワイトニングとは
歯科器具と歯科医の手

歯のホワイトニングとは、黄ばんだ歯を白くする技術です。日本でも近年多くの人が利用するようになっており、ホワイトニング液などを利用する方法から、専門のクリニックで施術する方法もあります。

歯の健康
歯科の受付と歯科医

歯は一生そのままでいられるものでは無く、多くの人が年齢とともに失っていく機能の一つです。定期的に歯の健康を保つ為に、最寄りに良い歯科医師を見つけておくのも良い方法だと言えます。

食べる行為

患者の口と歯科医の手

寿命とひと括りに言いますが、施設に入り看護を受けながら過ごし天寿を全うする場合と、特に入院もなく持病と付き合いながら毎日を自宅で過ごすのでは様々な面で差異があります。健康寿命が延びてきた現在、自分で自分のことができて美味しくお食事をいただくのは人生の楽しみであり、生活の質を高めてくます。多くの方は日々の軽運動と共に口腔内環境にも気を配るようになってきたのも寿命が伸びた現在で特筆されることです。自分の歯で咬める喜びは、歯を失ってから実感される方も多いのが事実です。歯科医院の治療では虫歯が神経まで進行すると根管治療を行います。根管治療とは虫歯菌に感染した歯の神経を除去した後、大きな被せ物で治療することを言います。根管治療経験者の口腔内は治療済みの歯が多く、過去に根管治療が間に合わなかったことにより歯を残せず抜歯に至った方も多いです。

いつまでも美味しくお食事を召し上がりたい。これは皆さんが希望することで人生の楽しみに直結することでもあります。治療の結果で歯を抜いてしまった場合、被せ物で補うか部分入れ歯にするかインプラントにするかを選択します。被せ物の治療はブリッジと言われ、なくなった歯の前後の歯を削り?がったブリッジという被せ物をします。保険診療でもできますので費用的には安価ですが、3本分の歯にかかる力を2本に負担させるため残った歯が負担に耐え切れず抜けてしまう例もあります。入れ歯で補う方法もありますが毎食後のお手入れと就寝時の取り外しのわずらわしさ、バネをかけてある歯への負担も多きいのが現状です。インプラント治療は抜けた歯そのものを再生する治療ですので他の歯に負担はかかりません。骨の中に直接インプラント体を埋め込みそこに被せ物で歯を作りますのでしっかりと噛める歯を新しく作ることができます。インプラントというとちょっと敬遠されがちな感もありますが、多くの歯を残せる治療法ですので、一度歯科医にご相談ください。療は

様々な歯科
歯科の設備

歯科といっても、様々なジャンルの治療を受ける事の出来る歯科があります。虫歯などの治療に利用される歯科から、審美歯科や予防歯科といった専門分野に特化した歯科もあります。

現在の歯科治療
置かれた歯科器具

歯科には対処療法だけでなく、最近では自分の口内リスクを知り、除菌を行う事で治療を回避するという考え方も一般に広まりつつあります。また、利用も常に進化を遂げており、より精度の高い技術で治療を受けられるようになりました。